クリック→ 散策マップ  
            
   城下町の名残漂う白壁  秋月城趾 長屋門  
      秋月ストーリー

        月は英彦山修験の道場として開け、鎌倉時代より原田
       種雄が秋月三郎種雄を名乗り天正期には筑前・筑後・豊

       の36万石を治めていたといわれる。
       1587年豊臣秀吉の九州侵攻で敗れ、日向財部(宮崎県
       高鍋町)に移封されるまで秋月氏時代は約400年続いた。
       1600年黒田長政が筑前の国に封ぜられると、叔父の黒田
       図書之助直之に秋月を統治させた。
       1623年長政の遺命により筑前の内5万石を分領し、三男
       長興が秋月城に入る。その時から、家中屋敷の縄張りがな
       され秋月の城下町は形成されていった。当初秋月藩は福岡
       黒田藩の支藩であったが、1634年に江戸幕府から朱印状
       が交付され独立藩となった。
           
   秋月城趾 黒門    垂裕神社  
        その後、秋月は1638年の島原出陣から大政奉還まで、秋月
       藩十二代の城下町として栄え、明治維新後の明治4年の廃藩
       置県で一時は秋月県となるが、数ヶ月後、福岡県と合併され
       政治的地位を失う。明治9年秋月の乱で敗北する。
       筑前の小京都秋月は、約800年のさまざまな歴史と悲話を秘
       めている町である。

 
  

       『史跡をたずねて』
       黒門や眼鏡橋の他にもいろいろな史跡がたくさん残っています。
       ちょっと違った史跡を散歩しませんか。

    

       ●古心寺
        秋月藩の初代藩主、黒田長興は若年にして父(長政)を失ったので、
        追慕の念は特に深いものがあった。
        長興は父の菩提を弔う寺を建立するため、京都の最も尊敬する大徳寺
        竜光院の江月和尚に「興雲山古心寺」という寺の名をつけてもらった。
        だが、なかなか建立が進まず寛永20年(1643)江月和尚は、新寺を
        見ないまま他界した。
        それから4年後の正保4年(1647)、亡父長政の菩提寺として落慶した
        のである。

       ●秋月黒田家の墓所
         白壁の塀にめぐらされた墓所は、黒田長政をはじめ藩祖黒田長興以下
        歴代の藩主、並びに夫人が埋葬されている。ずっしりと重い感じの墓石が
        23基、そして51基の石灯籠が並んでいる。

       ●鳴門観音
         寛永年中当主黒田長興入国の後、暢堯の忠誠を感じ一宇の堂を建立し
         霊を安置され鳴門山音声寺と称された。と伝えられている。
         その後いつの日か廃寺となり、今に残る観音堂は、国中第29番目の札所
         として巡礼されている。

       ●腹切岩
         天正15年(1587)豊臣秀吉が九州征伐に際して起きた、秋月種実の
         家臣、恵利内蔵助暢堯(えりくらのすけのぶたか)の悲しい物語である。
         恵利内蔵助暢堯は、種実に秀吉と和議を結ぶことが秋月家繁栄の得策
         だと何度も進言したが、聞き入れられないため、死をもって進言するしか
         ないと、天正15年3月14日この大岩に上がりお城に一礼した後、まず、
         妻子を刺し自らの命を断った。郎党も数人殉死したと言われている。

       ●秋月種時之墓
         石碑の周りには石の玉垣があり当時の建碑様式からみて、身分の高い
         人の墓だと窺われ、そばには殉死した家臣の墓と思われるものも建って
         いる。
         秋月14代種時の墓所である。しかしそのほか歴代の墓所は残されていない。
         なぜ14代種時の墓だけ残っていたのかなぞにつつまれている。  
  ■秋月散策ガイドブック  100円(本体価格)
    (A5版全26ページ)

    制作・発売
    (資)三隅製麺工場
    (有)月の峠

    監修
    秋月郷土館
    秋月公民館 





     

     

      
 
          
           桜のトンネル(早朝の杉ノ馬場通り)     雪の杉ノ馬場   


  



 ※
Eメール(お問い合わせ・ご注文)はこちらからどうぞ → info@e-akizuki.com 
          注意!お客様がお使いのメールソフト(Outlook Express 等)で
           「メッセージを直ちに送信する」、「自動送信」等に設定されてない方は
           上記で開いたメール作成画面で送信された後、ご自身のメールソフトで
           送信していただかないと、こちらには届きません。 

    TOPへ戻る こんな会社です とびっきりの麺だより うまかもん おすそわけギフト 
あご入りだしのお話 商品案内 ご注文・お支払い 店舗案内 





copyright © 2003 (資)三隅製麺工場 all rights reserved.